案内書発送2009/09/04 16:53

案内書の発送作業
秋期の「入学案内書」(樹林10月号)が仕上がってきました。
写真のように、さっそく封筒詰めして、まだ入学に至っていないこの3年間の資料請求者1,276名に発送しました。
右隣りの教室では佐久間クラス、左隣りでは奥野クラスが春期最後のクラスゼミ(組会)をおこなっている最中の作業でした。

今日の入学者は、4名。各々、昼間部・小説クラス、昼間部・詩・エッセイクラス、夜間部・小説クラス、通教部・小説クラスへ。
通教部・小説クラスの方は東京からです。夜間部・小説クラスの方の「入学申込書」の“入学のきっかけ”欄には、「文学に限らず女や阪神タイガース以外の話題を真剣に話せる友人が欲しいというのも入学動機の一つです」とありました。
今日までの秋期入学者は9名ということになります。いつもだと今の時期、2、3名というところなので、上々の滑り出しといえます。

今日入学者のお一人は、昼間部生の方の紹介によるものでした。
どうか、在校生の皆さんも、文学に関心をもっている友人・知人に文校のことを教えてください。その方の住所をお知らせいただければ、事務局から「入学案内書」をお送りします。
(小原)