『樹林』在特号の校正作業。「文校ニュース」作成・発送。2009/10/04 00:10

樹林在特号の校正作業
【写真】は、学生委員会や掲載作者による『樹林』12月号(在校生作品特集号)の校正作業。20名ほどの参加があった。同号は、10月末の仕上がり予定。


事務局は、OB一人と昼間部生一人の手伝いを得て、年に数回ある半徹夜の、「文校ニュース」の版下作成・印刷・丁合・袋詰めという一連の作業の日。
切り貼りしながら手作りした16ページ立ての今「文校ニュース」は、1面に11日(日)の“入学開講式”のプログラムを、最終面に今後2カ月間のカリキュラムや公開講座などの日程を載せてあります。そのあいだは、昼・夜間部提出作品評、9月の通教部スクーリング報告など盛りだくさんな内容になっています。
今晩までの今秋の新入生42名、文校チューター30名、それから今年1月からの未だ入校に至っていない「入学案内書」請求者約500名の方にも送ります。その方々には、手紙を添えます。「貴方も、もう一度入学を検討していただきたく、『文校ニュース』(ほぼ毎月発行)を送らせていただきました。これは、新入生と在校生向けに編集したものですが、よりよく文学学校のナマの姿・素顔が分かっていただけるのではと、思ったからです」と、書いてあります。
現在校生約490名の皆さんへの発送は、5日(月)になります。ご了解ください。
さぁ、何時になったら、大阪中央郵便局へ運べるか。
   (小原)