西村郁子さん(文校OG)の小説が『文學界』11月号に転載される!2009/11/05 19:29

文學界
文校の20数年前の修了生である西村郁子さんが同人誌『せる』に発表した小説「ウロボロスの亀」(60枚)が、2009年下半期同人雑誌優秀作に選ばれ、『文學界』11月号に転載されています。西村さん、おめでとうございます。
『せる』には、文校チューターや修了生が加わっています。
過去にも、朝比奈敦・通教部チューター(07年下半期)、奥野忠昭・昼間部チューター(07年上半期)、岩代明子・昼間部チューター(06年下半期)の作品が同人雑誌優秀作に選ばれ、『文學界』(発行・文藝春秋)に転載されています。岩代さんの作品は、文校発行の『樹林』に発表された作品でした。
(小原)

いよいよ、ねじめ正一さんが来校・講演。14日(土)午後3時から。2009/11/09 22:34

演題は、「言葉が立ち上がるとき」です。
存分に語っていただきます。
また、参加者との質疑応答の時間も設けます。

木戸銭は、在校生500円、休学生・文校OB1000円、一般の方1500円です。

ねじめ正一さんは、1948年東京生まれ。81年『ふ』でH氏賞。89年『高円寺純情商店街』で直木賞。08年『荒地の恋』で中央公論文芸賞。

(小原)

昼間部・奥野忠昭チューターの新刊紹介2009/11/10 22:23

電車ともだち
小説集『電車ともだち』を大阪文学学校・葦書房から刊行。本体2000円+税。文学学校事務局でも販売中。
表題作は同人雑誌優秀作として同人誌「せる」から「文學界」07年6月号に転載されたもの。そのほかに、5編が収められている。

写真をクリックすると、拡大表示されます。
(小原)

昼間部・高畠寛チューターの新刊紹介2009/11/11 20:45

『コンドルは飛んで行く』
小説集『コンドルは飛んで行く』を大阪文学学校・葦書房から刊行。本体2000円+税。文学学校事務局でも販売中。
表題作「コンドルは飛んで行く」(同人誌「らぐたいむ」初出)ほか、かつて同人誌「空とぶ鯨」や「アルカイド」に発表した「にぎわいの街へ」「スペインラプソディ」 「雨降りかぐや姫」「彼が死んでから」の4編が収められています。総計550枚。

写真をクリックすると、拡大表示されます。
(小原)

山田兼士チューターの第一詩集『微光と煙』2009/11/12 22:09

『微光と煙』
仏文学者、詩論家として知られる山田兼士さんの
生動果敢な第一詩集!

思潮社刊。2400円+税。文校事務局でも販売中。

クリックすると、表紙写真は拡大されます。

山田チューターには、11月14日(土)午後3時からの、ねじめ正一さんをお招きしての特別講座で司会をつとめていただきます。
(小原)

ねじめ正一さんの特別講座は明日(14日・土曜日)午後3時からです。2009/11/13 18:10

ねじめ正一さん・特別講座の演題は「言葉が立ち上がるとき」です。
講座のあと、サイン会も予定していますのでお持ちなら、ねじめさんの本を持参してください。当日、受付でも、中央公論文芸賞受賞の小説『荒地の恋』を販売します。
文学学校生ではない一般の方の来場も歓迎します。一般の方の木戸銭は、1500円。

15日(日)午後2時からは、文学学校・学生委員会主催の『樹林』在校生作品特集号(12月号)の合評会です。掲載作者や選考委員の皆さんに会えます。お気軽に参加してください。新入生も。

21日(土)午後3時からは、金時鐘さんの《昼》詩の連続講座です。今回は、『樹林』在校生作品特集号(12月号)の全応募作44編をとりあげてもらいます。その44編をプリントしてあります。講座参加希望者は事務局まで連絡ください。プリントをお送りします。
(小原)

14日・ねじめ正一さんの講座、大いに盛り上がる。107名参加。2009/11/16 21:33

講演中のねじめ正一さん
ねじめ正一さんの特別講座は、気風のいい東京弁で大いに笑わせていただき、またとても勉強になりました。
ねじめさん自身、交流や著作のある詩人の谷川俊太郎さんや野球人の長嶋茂雄さん、落合博満さんらへの人間洞察にはじまり、詩人・北村太郎をモデルとした小説『荒地の恋』の悲喜こもごもの創作秘話に話はつながりました。
最後に、ねじめさんの体験にもとづいて、“小説”と“詩”の創作上の姿勢や方法の違いについて言及されました。
参加者との質疑応答をいれて予定の2時間を大幅に超える熱弁をふるっていただきました。
サイン会のあと、“すかんぽ”での懇親会にもお付き合いいただきました。
(小原)

昼間部生・邢彦(けいえん)さん、第2回さくらんぼ文学新人賞を受賞!2009/11/17 21:11

朝日新聞記事
上の11月14日付「朝日新聞」朝刊・社会面が報じているように、現文校生の邢彦(けいえん)さんが、応募総数554編のなかから見事、第2回さくらんぼ文学新人賞の大賞を受賞されました。邢彦さん、おめでとう。
邢彦さんが、文校に入ったのは08年4月で現在、昼間部小説専科・津木林クラス(土曜日)に在籍中。
賞を主催する“さくらんぼテレビ”のHPの“選評コメント”によると、選考委員四氏、唯川恵、角田光代、小池昌代、北上次郎さんのうち、後者の二氏が強力に推した模様がうかがえます。
受賞作「熊猫(ぱんだ)の囁き」(90枚)は、『小説新潮』12月号(11月21日発売)に、選評とともに全文掲載されるそうです。
(小原)

合同クラスで『樹林』合評会2009/11/18 22:40

合同クラスで合評会
『樹林』在特号(12月号)に作品掲載者のいるクラスを中心に昼・夜間部では、合同クラスで『樹林』合評会をおこなう週になりました。
【写真】は今夜の飯塚・青木合同クラスの合評会。25名出席。取り上げた小説は、在特号収載の脇健一郎「酒と、デンパと、私のカレシ」。
他のクラス生の意見も聞け、知り合ういい機会になりました。
(小原)

新入生へのハガキ一枚の課題2009/11/19 21:50

10月末、新入生65名の皆さんに、以下のような内容の〈課題ハガキ〉をお送りしたところ、きょう(19日)現在で12名の方からハガキが届いています。
締切は30日(月)です。まだ書けていないという方、この週末にでも書いてみませんか。

    *

「新入生の皆さんへの課題」

次の六つのタイトルのうちからひとつを選び、
400字~600字ほどで書いて事務局まで送ってください。
冒頭にタイトル・氏名〈ペンネーム可〉・所属クラスを入れて。
締切は11月30日(月)必着とします。
提出作品は全て、文校の多くの皆さんの眼に
触れられるようにしたいと思います。

・私のふるさと
・文学学校入学にあたって
・私を売り込みます
・私の歩んできた道
・私だけのもの
・最近強く思うこと

(小原)