『樹林』小説同人誌評で取り上げられたお礼に、鉢植えの花がとどく。2010/06/01 21:30

『樹林』5月号の“小説同人誌評”欄(佐々木国広さん執筆)で作品が取り上げられたお礼にと、花付き観葉植物のアンスリウムが宅配便で事務局にとどけられました。
文校にあまた届く小説や詩の同人誌、さらには詩集のなから、評者(小説は佐々木さん、詩は中塚鞠子さん)の目に留まった作品を、『樹林』の“小説同人誌評”欄や“詩時評”欄で取り上げています。そして、その作品の作者には、掲載号をとどけています。その方々から、礼状はかなりとどくのですが、鉢植えの花(しかも、高価そう)が送られてきたのはちょっと記憶にありません。
今日、アンスリウムを贈ってくれた方は、河内長野市在住の文校OGの田代史さん。文校に10年間在籍し、いまは当時の文校仲間や奧野チューターなどと同人誌「あべの文学」で活動しています。
田代さんといえば、忘れられないのは、例年12月にやっている学生委員会主催の文学集会。焼そばの模擬店のために、何年にもわたって、旦那さんとともに自宅から軽トラで鉄板、コンロ、ブロック等を文校まで運んできてくれていました。なぜ本格的な焼そば用具を所有しているのかというと、旦那さんが自治会などの子供会活動に熱心だから、と聞いた記憶があるのですが……。


今日から、毎日新聞・朝刊で、久保佳与子さん(夜間部・青木クラス在籍)の童話「きえたレインコート」の連載がはじまりました。
ぜひ、読んでみてください。

(小原)