樹林「在特12月号」掲載作品速報!(学生委員会より)2010/08/23 20:55

8月7日・21日の両日、「在特12月号」選考会が行われました。
酷暑といわれる今年の夏の暑さにも負けないほど、会場は熱気のこもった場となりました。
激しい議論がとびかった選考会の厳しい関門を突破したのは以下の作品です。
掲載予定の作者の方々、おめでとうございます。
また、応募してくださった皆様、選考委員の皆様、さらにはお手伝いしてくださった方、本当にありがとうございました。

エッセイ部門(0/8作)
選考の結果、該当作品なしとなりました。
ただし、選考委員の推薦により、「選外奨励作」として以下の1作品を選びました。

「きつねうどん」        安西 美千代(昼間部・高畠クラス)

詩部門(4/35作)
「graph」           小田垣 大志(夜間部・松本クラス)
「蜆」             堀内  美希(夜間部・高田クラス)
「犬」             なんどう 照子(夜間部・松本クラス)
「八月のフレーム」       坂本  智子(夜間部・高田クラス)

小説部門(4/32作)
「壁と壁の間の子」       東  恵未(夜間部・小原クラス)
「声援」            馳平  啓樹(夜間部・平野クラス)
「M」             上山  和音(夜間部・平野クラス)
「AT」            吉田  圭(通教部・成田クラス)

ー――学生委員会・在特部

コメント

トラックバック