金時鐘さんの昼・詩の連続講座へ31名が作品を提出!2011/11/21 17:33

今週土曜日(26日)、秋期の1回目を迎える昼・詩の連続講座(担当・金時鐘さん)に向けて31名の方から、事務局に詩作品が届きました。その31編すべてを、26日、1月28日、2月25日の3回に分けて、金さんに批評していただきます。

26日午後3時からの講座で取り上げるのは、次の11編です。「」内は作品のタイトルで、()内は作者の姓のみ。
「秋雨」(百藤)
「誘惑のはら」(大野)
「癖毛」(内藤)
「アリス」(六甲)
「古里」(藤井)
「青空」(佐藤)
「十一月の新月」(山林)
「かまどうま」(竹野)
「色付く木々の記憶は」(石垣)
「カラス」(山岡)
「役者が来ない」(汐見)
取り上げられる作者は、かならず出席してください。

作品提出は、文校事務局でまだ受け付けています。

(小原)