細見和之チューターが3/16朝日新聞〈夕〉に!2012/03/19 19:21

3/16朝日新聞〈夕〉
第7回三好達治賞を受賞された細見和之さんは大阪文学学校では、詩の連続講座の講師や『樹林』2月(冬)号の編集を担当されています。先だっての3/11通教部スクーリングでは、“金時鐘さんとクレメンタインの歌”と題して講義を行なっていただきました。
細見さんは文校の修了生でもあります。85年4月から2年間、夜間部の詩・エッセイクラスに在籍されていました。
三好達治賞の贈呈式は、4月7日(土)大阪市公館で。
受賞作『家族の午後』は、文校にも在庫あります。

●一日体験入学(無料)が21日(水)から始まります。
大阪文学学校への入学を検討されている皆さん、ぜひおいでください。
当日の講師は、昼(2時~4時)は作家の高畠寛チューター、夜(6時半~8時半)は作家の青木和チューターです。
文学学校のシステムやカリキュラムなどの説明のあと、実際に現在校生の作品を読んでもらって、参加者みなで合評会をおこないます。あなたも気軽に感想、意見を述べてください。
事前の申し込みがなくても参加できます。

(小原)

コメント

トラックバック