金時鐘さんの昼・詩の連続講座に28名2012/12/01 17:54

昼・詩の連続講座
参加者28名のうち、遠く石川県、香川県から通教部生も。
11月22日までに提出のあった詩作品32編のうち12編を取りあげました。金時鐘さんが作者や会場に問いかけながら1編ずつ熱く講評しました。 3時開始で5時半まで。
きょう、この金さんの講座に向けてあらたに作品提出がありましたが、まだ作品を受け付けています。事務局まで。
次回の講座は、1月26日(土)。

「文校ニュース」12月1日号を通教生178名に発送。2012/12/01 21:14

文校ニュース12月1日号
今号の「文校ニュース」には、秋期第1回通教部提出作品総合評が12ページ中9ページにわたって載っています。
1日現在、通教部プレ・スクーリングの参加予定者は37名、9日スクーリングの出席予定者は83名です。変更のある方は、もろもろの準備の関係で、早めに連絡ください。
昼間部、夜間部、通教部それぞれ数名に書いてもらった新入生の「入学にあたっての抱負」は、つごうにより次号に掲載します。すみません。
いまから、東郵便局へ向かい、発送します。 (真銅)

修了生・朝井まかてさんの5冊目の長編時代小説が好評。2012/12/06 21:08

毎日新聞・夕刊
【写真】は、きょうの毎日新聞・夕刊。クリックで拡大されます。

朝井まかてさんは、4年半前の文校夜間部修了生。
08年、小説『実さえ花さえ』で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞し、講談社から単行本として刊行されました。その作品は、もともと文校の組会に提出した作品を大幅に書き直したものです。提出作品の4分の1ほどは、『樹林』在特号(06年12月号)に「われら、勝手につき」として掲載されています。
なお『実さえ花さえ』はのちに、『花競べ(はなくらべ)』と改題され、講談社文庫に収められています。
他の江戸時代を背景とした長編時代小説に、庭師一家を描いた『ちゃんちゃら』、大坂の青物問屋を舞台にした『すかたん』(ともに講談社刊)、長崎・出島のオランダ商館を舞台にした『先生のお庭番』(徳間書店)があります。

(小原)

9日・通信教育部スクーリング、出席予定者は83名。2012/12/07 18:33

通信教育部の2012年秋期第1回スクーリングは2日後です。
“出欠ハガキ”によると今のところ、全国各地から、83名の方が出席予定です。関西圏をのぞく遠来組は、次のようなところからです。

愛媛、香川(2名)、徳島(2名)、島根(2名)、広島(2名)、岡山(5名)、三重、福井(3名)、石川(2名)、富山、岐阜、愛知、静岡(2名)、長野(2名)、神奈川(3名)、東京(4名)、埼玉、千葉、宮城(2名)、北海道。

スクーリングの前段にもたれるプレ・スクーリング(8日午後、9日午前)への出席は、のべで38名の予定です。そのうち10日夜、天王寺の宿舎での懇親会には16名、泊まりは8名。

9日スクーリングへの出欠ハガキまだの方は、FAXでもメールでもかまいませんから至急、事務局まで連絡ください。出席できなくなった方も連絡ください。クラス分けや交流会の準備があります。“メッセージ”もできるだけ添えてください。

(小原)

プレ・スクーリング初日に通教生21名集う!2012/12/08 18:21

通教部スクーリングを明日に控え、午後3時からプレ・スクーリングが開かれました。
昨夕の地震や今日の強風で、飛行機や新幹線・特急に影響が出て、欠席連絡が数名からありましたが、全国各地から通教生21名を迎え、尼子一昭、川上明日夫両チュ―ターが出席。2つのグループにわかれて、『樹林』1月号(通教部作品集)に載らなかった作品(小説、詩)10編を合評しました。
明日午前のプレ・スクには、新たに14名が参加予定。
【写真】は、尼子チューターを中心にした小説組の合評会風景。
6時すぎに合評会をおえて、15名ほどが文校近くで食事をとりその後、天王寺の宿舎へ。懇親会は、いったい何時までつづくのやら。

明日午後のスクーリング合評会《PM1:30~5》のクラス分け(部屋割)は、以下のようになります。文校教室だけではとても部屋が足りませんので、近くの貸し会場で合評会をおこなっていただくクラスもあります。
( )内は出席予定者数。

【大阪文学学校教室】
  《単独》 日野クラス(5)、たなかクラス(3)
  《合同》 稲葉+佐伯クラス(11)、成田+四宮クラス (16)

【大阪社会福祉指導センター】
  《単独》 冨上クラス(5)、苗村クラス (11)
  
【大阪府社会福祉会館】
  《単独》 音谷クラス(6)、川上クラス(8)、真弓クラス(3)
  《合同》 石村+岩代クラス(11)

合同で合評会をおこなうクラスの方は、テキストになる『樹林』1月号(通教部作品集)は、自分のクラスといっしょになるクラスの全作品を読んできてください。
合評会のあとは、全員ふたたび文校教室に集まって、交流会です《PM5~》。作品とだけでなく、人との出会いの場でもあります。

遠方からの出席者も大勢いらっしゃいます。
まだ出席連絡をしていない通教生の方も、都合がつくようになったら、ぜひ駆けつけてください。

(小原)

通教部12年秋期第1回スクーリング。2012/12/09 17:59

交流会で乾杯!
午前中のプレ・スクーリングを終えて、午後0時半からは本番のスクーリング。出席者72名。
川上明日夫チューターの「書くことをめぐって」と題した講義のあと、1時半からは各クラスに分かれて合評会。
写真は5時からの、合評会を終えてひと息ついた交流会。
お疲れさまでした。

6日後の12月15日(土)が今期2回目の作品提出締切日です。ぜひ作品を書き上げて、よい年を迎えてください。(銅)

昨日の「朝日新聞」夕刊に小野賞贈呈式の模様が。2012/12/12 16:21

「朝日新聞」夕刊
11月24日、文校教室で催された第14回小野十三郎賞贈呈式の模様が「朝日新聞」に載りました。
当日は、多数の文校生、文校チューターを含めて約80名の出席がありました。
すでに第15回の応募を開始しています。

(小原)

昨日の「朝日新聞」夕刊に文校生・藤井千代江さんも登場しています。2012/12/12 22:16

「朝日新聞」夕刊に文校生・藤井千代江さんも
藤井千代江さんは、2011年4月に文校入学で現在、昼間部・中塚クラスを休学中。『樹林』在特号(12年6月号)に、エッセイ「いろはうた/色は匂えど」が載っています。
初日(11日)のミュージカル観劇に、中塚チューターや新旧のクラスメイトなど6名がいかれたそうですが、大盛況だったそうです。
会場ロビーでは、上の在特号に載ったものなどクラスゼミに提出して合評を受けた48編のエッセイが収められたCD「女子高生チヨ/いろはうた」が販売されていたそうです。

(小原)

文学集会が近づいてきました。2012/12/13 22:01

今年最後の文校イベント、学生委員会主催の「文学集会」が近づいてきました。知人や家族連れ歓迎! 例年、およそ130名が集います!模擬店の前売券を販売中!

12月16日(日)PM2~
◎第一部 14:00~16:00   テーマ別 即興創作
        小説(エッセイ)と詩に分かれて創作
        参加者の投票で選ばれた優秀作品は学生新聞に掲載
◎第二部 16:30~19:30   模擬店
        クラス単位で模擬店が出ます!
        豪華賞品が当たる「芥川賞BINGO!」開催

【模擬店出店クラス】
《昼間部》
夏当/おむすび、キムチ、ブタ肉。ウイスキー水割。文集『回転噴水』7号販売
岡/焼酎の湯・水割り。クラッカーサンド
佐久間/ポテトサラダとおいしい!!ご飯デス
奧野/世界のチーズ盛りあわせ、ピンチョス(串ざし)
《夜間部》
高田/ラーメン(ギョーザのせ)
津木林/フルーツポンチ、ワイン
青木/かわきものセット、ソフトドリンク各種
松本/オーガニックコーヒー&クッキー
小原/うどん
尼子/おでん
《学生委員会》
ビール

(小原)

文校生・木下昌輝さんが13日「毎日新聞」夕刊に!2012/12/14 22:12

「毎日新聞」夕刊
2010年10月文校入学の木下昌輝さんは現在、夜間部・尼子クラスにに在籍中。尼子クラスは今夜、梅田で忘年会。
オール讀物新人賞受賞作は、オール讀物11月号に全文掲載されています。

●木下さん、それに第8回新潮エンターテインメント大賞を受賞された光本正記さん(10年4月から1年間在籍)、お二人のお祝い会を2月11日(月・休日)に文校で開きます。誰でも参加できます。

(小原)