5/20(月)夜・文章講座・・・一般の方もどうぞ。2013/05/18 15:45

20日(月)午後6時30分~ は、春期第1回の夜・文章講座「小説の基礎篇Ⅳ―中編小説のパーツを考える」です。
担当は葉山郁生チューター。

【小説の書き出しとエンディングのパターン】
小説を書く文体を豊富に用意することで、書きたい小説に応じて、冒頭の入り方のパターンを考えてみる

教材=須賀敦子『ミラノ 霧の風景』(白水社・須賀敦子コレクション)

課題=教材作はミラノの霧の風景の回想から始まり、別の霧の風景で終わっている。「野火」の冒頭はいきなり「私は頬を打たれた。分隊長は…」と行動で始まる。会話から始めることも含め、原稿用紙一枚ずつで、小説の一節として三パターンの冒頭を書いてみる

●明日(19日・日曜)は、文校学生委員会企画の新入生歓迎イベント“春の文学散歩in大阪!”です。参加予定者は、30名を超えました。飛び込み歓迎。雨天決行です。
午後1時30分に天神橋筋6丁目駅(地下鉄または阪急)北改札前集合です。オレンジ山田さんの持つ文校の旗が目印。

詳しくは、4/19の本“文校ブログ”を!

(小原)