文校修了生・麻宮ゆり子さんが第7回小説宝石新人賞を受賞!2013/05/24 17:21

大阪文学学校にとって、大きな嬉しいニュースです。
2001年4月から3年間、文校夜間部に在籍されていた、麻宮ゆり子さんが、第7回小説宝石新人賞を受賞されました。応募総数は、998編。 選考委員は、朱川湊人さん、唯川恵さん。
【写真】は、現在書店に並んでいる『小説宝石』6月号の表紙とページ抜粋。6月号には、選考会対談、麻宮さんの“受賞の言葉”、そして受賞作「敬語で旅する四人の男」が載っています。
麻宮さんは、文校在籍時、小林ゆりのペンネームで第19回太宰治賞を受賞されています。その作品『真夜中のサクラ』は、筑摩書房から単行本として刊行されています。

(小原)

文校修了生・光本正記さんの新作が『小説新潮』6月号に載っています。2013/05/30 21:39

昨秋、長編小説『紅葉街駅前自殺センター』(旧題/白い夢)で第8回新潮エンターテインメント大賞を受賞された光本正記さんが、いま本屋に並んでいる『小説新潮』6月号誌上にて新作「誕生日、惑星に猫」を発表しています。
大阪市在住の光本正記さんは、2010年4月から11年3月まで文校夜間部(津木林クラス)に在籍されていました。

(小原)