第18回 関東ミニ文校に19名参加。2013/09/02 16:22

8月3日(土曜)、4日(日曜)の二日間にわたり、東京晴海グランドホテルにおいて開催された『第18回 関東ミニ文校』に、文校チューター、OB、在校生など19名の参加がありました。
準備したのは、OBの山川さん(水戸市)ら。参加チューターは、高畠さん(大阪市)と佐伯さん(三重県津市)。在校生は、藤田さん(四宮クラス・横浜市)、河本さん(同・東京都品川区)、橋脇さん(同・東京都杉並区)、猫鳥庵さん(若林クラス・横浜市)、岩根さん(東京都江東区・冨上クラス)ら。
【写真】は、会場での記念撮影。

(小原)

学生委員会は新聞づくり。7人目の秋期新入生。2013/09/02 22:36

学生委員会は10数名集い、学生新聞「コスモス」通巻297号の帳合作業【写真】。久々の大冊28ページ立てで内容は、佐久間チューター呼びかけの“恋愛小説を書くための講座”、『樹林』在特6月号の合評会、夏季合宿など盛りだくさん。読み応えあり。
通教部生には、できれば明日発送します。

●今日の夜・文章講座(担当・葉山郁生チューター)には、14名参加。

●8月31日(土)の昼・詩の連続講座(担当・金時鐘さん)には、27名参加。長崎県西海市から松永さん(通教部・冨上クラス)も駆けつけた。

●8月30日(金)、秋期7人目の入学者がありました。宝塚市の50代女性で昼間部・小説クラスへ。

(小原)

「文校ニュース」発行。8日スクーリングに64名出席予定。2013/09/03 22:18

「文校ニュース」9月3日号(12頁だて)を、昨日完成した学生新聞「コスモス」9月号といっしょに、今から東郵便局に持ち込んで通教部生に発送します。修了生名簿(69名)、通教部春期第2回“提出作品総合評”、きたる秋期のクラス分けや予定表などが載っています。

通教部の春期第2回スクーリングは5日後です。
“出欠ハガキ”によると今のところ、全国各地から、64名の方が出席予定です。遠来組は、長崎、鳥取、高知、愛媛、愛知、静岡、石川、富山、神奈川、東京、宮城などからです。

スクーリングの前段にもたれるプレ・スクーリング(7日午後、8日午前)への出席は最終的に、35名の予定です。そのうち7日夜、天王寺の宿舎での懇親会には14名、泊りは7名。

出欠ハガキがまだの方は、FAXでもメールでもかまいませんから至急、事務局まで連絡ください。出席できなくなった方も連絡ください。クラス分けや交流会の準備があります。“メッセージ”もできるだけ添えてください。

(小原)

青木和チューターの新作がネットで読めます。【無料】2013/09/04 15:24

青木和・夜間部チューターの新作「静かな町で」が、オンラインマガジン「SF Prologue Wave」http://prologuewave.com/のショート・ショートコーナーに掲載されています。無料です。
クリック一つで読めます(pdfもあります)。
ぜひ、のぞいてみてください。

(小原)

2013年度秋期『入学案内書』(樹林10月号)仕上がり2013/09/04 21:45

【写真】は、きのう印刷所から届いた秋期『入学案内書』の表紙です。
小田原大さん(昼間部・津木林クラス在籍)の手になるものです。
3,100部刷りました。
さっそく、まだ入学に至っていないこの2年半の資料請求者約1,150名へ郵送しました。9月14日(土)を皮切りに計4日開く“一日体験入学”の案内チラシをはさみ込みました。
定員の80名に達する入学者がありますように――。

(小原)

川上明日夫・通教部チューターが第6回更科源蔵文学賞を受賞2013/09/05 20:37

更科源蔵文学賞の主催は「更科源蔵文学賞の会」で、北海道弟子屈(てしかが)町が後援しています。今回、川上チューターが受賞された詩集は『往還草』(思潮社/2200円+税)です。文校事務局でも販売していますので、スクーリングのときなどお買い求めください。
この賞の“正賞”は弟子屈産ジャガイモ50kgで、“副賞”が50万円とのことです。
授賞式は9月28日(土)、弟子屈町(摩周湖のある町)でおこなわれます。

●8日(日)通教部スクーリングの出席予定者は4名増え、68名になりました。その4名は、埼玉の遠野さん(川上クラス)、福井の阪下さん(音谷ク)、芦屋市の有本さん(同)、西宮市の住田さん(苗村ク)。出席できるようになった方は、至急連絡ください。できなくなった方も。

●A4用紙オモテ・ウラの“秋期生募集チラシ”を、10,000枚手作りしました。それを40枚ずつ、「入学案内書」(樹林10月号)といっしょに、全国各地の主だった図書館244カ所に送り、掲示・設置をお願いしました。このルートで年間10名近い入学者があります。

(小原)

8日(日)通教部スクーリングのクラス分け(部屋割)2013/09/06 16:49

通信教育部の2013年春期第2回スクーリングは2日後です。
“出欠ハガキ”によると今のところ、全国各地から、68名の方が出席予定です。
関西圏をのぞく遠来組は、次のようなところからです。
長崎(2名)、高知、愛媛、香川(3名)、徳島(2名)、鳥取、広島(2名)、岡山(3名)、福井、石川、富山(2名)、岐阜、愛知(2名)、静岡、神奈川(3名)、東京(2名)、埼玉、宮城。

スクーリング合評会《PM1:30~5》のクラス分け(部屋割)は、以下のようになります。文校教室だけではとても部屋が足りませんので、近くの貸し会場で合評会をおこなっていただくクラスもあります。
( )内は出席予定者数。

【大阪文学学校教室】
  《単独》 日野クラス(4)、たなかクラス(5)
  《合同》 若林+佐伯クラス(9)、成田+四宮クラス (14)

【大阪社会福祉指導センター】
  《単独》 冨上クラス(4)、苗村クラス (7)
  
【大阪府社会福祉会館】
  《単独》 音谷クラス(4)、川上クラス(10)、真弓クラス(4)
  《合同》 石村+岩代クラス(7)

合同で合評会をおこなうクラスの方は、テキストになる『樹林』9月号(通教部作品集)は、自分のクラスに加え、いっしょになるクラスの作品を読んできてください。
なお合評会に先立つ、文校教室での全体講義《PM0:30~1:20》
は、真弓創チューターが「ライトノベルの現状」と題しておこないます。
合評会のあとは、外に出たクラスもふたたび文校教室に集まって、交流会です《PM5~》。作品とだけでなく、人との出会いの場でもあります。

(小原)

母娘いっしょに入学!2013/09/06 16:57

宝塚市のお母さん(40代)と娘さん(20歳)がいっしょに、昼間部/土曜日/小説クラスに入学されました。

(小原)

今秋、9人目の新入生!2013/09/07 12:52

今秋期9番目の新入生が誕生しました。神戸市の50代女性。
昨日の昼、佐久間クラスを見学され、さっそく深夜、オンラインで入学を申し込まれていました。
“入学のきっかけ”欄には、「独学で小説を書いて新人賞などに応募していましたが、一次通過もかなわず、基礎から勉強したいと思いました」とありました。

これで、今秋の新入生は昼・夜・通教あわせて計9名。おとつい、入学辞退者が1名あったため。

(小原)

プレ・スクーリング初日に通教生21名集う!2013/09/07 16:35

通信教育部の2013年春期第2回スクーリングを明日に控え、午後3時からプレ・スクーリングが開かれています。
全国各地から通教生21名を迎え、講師陣からは尼子一昭、佐伯晋、川上明日夫チュ―ターが出席されました。
3部屋にわかれて、『樹林』9月号(通教部作品集)に載らなかった小説8編、詩・エッセイ4編を合評しました。和気あいあいの中にもケンケンガクガクと。
【写真】は、川上チューターを中心にした第3教室の合評会風景。
5時半すぎに合評会をおえて、15名ほどが文校近くで食事をとりその後、天王寺の宿舎での懇親会へ向かう予定です。
明日午前のプレ・スクには新たに13名、午後のスクーリングには総勢で67名が出席予定。

(小原)