通教部生は、質問対話用紙を活用しよう。2014/08/02 17:25

……通教部の皆さんへ……
春期第2回提出作品への担当チューターからの「アドバイス批評」と作品「添削」は、返ってきたでしょうか。半数以上のクラスの方には、事務局経由ですでに届けていますが、まだのクラスはもう少し待ってください。
批評文と提出作品が返却されたら、「質問対話用紙」をつかって更なるアドバイスを求めることができます。できるだけ、活用してください。
9月14日(日)の春期第2回スクーリングにあわせて、プレ・スクーリングも開かれます。参加希望者は、今回返却された提出作品を事務局へ届けてください。チューターの添削や書き込みのないものをお願いします。

(小原)

昨晩、J:COM(関西のケーブルテレビ)が小原クラスを取材・撮影2014/08/02 18:05

文校はただ今、夏休み中です。【事務局は盆休み以外、いつもどおり開いています】
わが小原クラスだけが昨夜も、組会(クラスゼミ)をやりました。――ぼくの入院のせいで休講が2回あったため、その振り替えでしたが。
そこに現われたのが、数日前に電話予約をくださっていたケーブルテレビJ:COMのディレクターM氏。
組会の作品合評風景を撮影し、クラス生の谷川さん(若い女性)と山蔭さん(年配の男性)へのインタビュー、事務局長としてのぼくへのインタビューがおこなわれました。
5分間ほどに編集し、8月19日(火)午後7時58分からのJ:COM“関西TODAY”で放映する予定だそうです。

(小原)

「樹林」在校生作品特集号の選考2014/08/04 22:03

《在特号の、募集から発送まで全過程を独自におこなっている学生委員会になり代わって》  (小原)

「樹林」在特(11月)号応募作品は只今、小説部門24名、詩部門11名の一次選考委員の自宅での評価・選考にゆだねられています。 (エッセイ部門は一次選考はなく、8/24(日)の本選考のみ。応募作は送付済み)
その評価表が半数以上、事務局あて届けられています。
評価表の締切は、8月6日(水)必着です。まだの選考委員の方、お忘れなく。

3人目の秋期新入生。2014/08/05 21:10

東大阪市の30代女性が、夜間部小説クラスへ。
オンラインの「入学申込書」には、次のように記されていました。

「きっかけ:子供の頃から本を読むのがとても好きで、いつか私も人の心に残るような本が書きたいと思っておりましたが、中々書き出すことが出来ずにおりました。書かなければならない状況で、さらに書いたものを誰かに読んでもらえるところはないかと探していたところ、こちらの学校のことを知り見学し、思っていた通りのところだったので、入学を決心いたしました。
書きたいテーマについて、まだはっきりと決めておりませんが、児童文学を書きたいです」

(小原)

第19回 関東ミニ文校に21名参加。2014/08/07 18:30

8月2日(土曜)、3日(日曜)の二日間にわたり、東京・晴海グランドホテルにおいて開催された『第19回 関東ミニ文校』に、文校チューター、OB、在校生など21名の参加がありました。
準備したのは、OBの田村けいさん(横浜市)ら。
参加チューターは、高畠さん(大阪市)と佐伯さん(三重県津市)。
【写真】は、会場での記念撮影。
写真・情報提供は佐伯チューター。

(小原)

葉山郁生チューターの掌編小説が昨日の毎日新聞・夕刊に載っています。2014/08/08 20:17

●葉山チューターの担当する夜・文章講座の次回は、9月1日(月)午後6時半から。課題作品は、その講座日の5日前まで葉山さん宅へ郵送してください。
一般の方で、講座へ作品を出されたい方は、文校事務局までご連絡ください。送付先をお教えします。
詳しくは、次をクリック!
http://www.osaka-bungaku.or.jp/300lectur.html#Anchor208560

(小原)

4人目、5人目の秋期新入生。2014/08/09 16:59

10月開講の秋期新入生が、2人誕生しました。
兵庫県の50代女性が昼間部・小説クラス、大阪市の30代前半女性が通教部・詩/エッセイクラスへ入学されました。

兵庫県の方の入学申込書には、次のように記されています。
「長年小学校で教壇に立っておりました。3月に退職し、子どものころからの夢“小説家になる!”を目指すことができれば…と思いました」

また大阪市の方の入学申込書には、次のようにあります。
「家と仕事の職場の往復の繰り返しの日々。このまま、ただ時間だけが過ぎていくのだろうか。だったら何かに挑戦してみたい。自分の内なるものを表現してみたかった。大阪文学学校のことを知り、これだと思いました。正直、不安も少しあります」

(小原)

「文校ニュース」8月号を発送。2014/08/09 20:55

先ほど、仕上げたばかりの「文校ニュース」春期第3号を郵便局の方に取りに来てもらいました。全在校生とチューターあわせて、およそ540部発送。
通教部生には、9.14スクーリング出欠ハガキを同封しましたので、返送よろしくお願いします。
今回の「文校ニュース」は22ページ立てで、6.22スクーリング報告、7.12朝井まかてさん特別講座の感想、新入生のハガキ一枚・課題作品(16ページにわたって106篇)等が載っています。106名の作品は、それぞれ個性があふれていて読み応え十分。

(小原)

8/23藤岡陽子さんを囲む会(隆祥館書店主催)2014/08/18 16:10

藤岡陽子さんは文校修了生で、99年に夜間部、06年に昼間部に在籍されています。
5月2日の文校ブログ参照。

●昼・夜間部の夏休み明け組会(クラスゼミ)は、あした19日(火)から一斉にスタートします。

(小原)

明晩のJ:COM(関西のケーブルテレビ)に文校が出ます。2014/08/18 19:49

今さっき、J:COM(関西のケーブルテレビ)のコーディネーターS氏から電話がありました。
8/1(金)に撮影されたぼくの受け持つ組会の作品合評風景、クラス生やぼくへのインタビューが、明晩放映されるとの正式な連絡を受けました。【8/2文校ブログ参照】
5分間ほどに編集し、あした19日(火)の午後7時58分からのJ:COM“関西TODAY”の中で生放送されるそうです。

(小原)