大阪文学協会の理事会ひらく。2014/10/08 21:10

大阪文学学校の運営母体である一般社団法人・大阪文学協会の理事会が、夜6時30分から8時15分まで、文校の一室でもたれました。出席は、葉山郁生代表理事、細見和之校長、高畠寛、山田兼士、佐久間慶子、中塚鞠子、津木林洋、平野千景、佐伯晋、小原の10名。みんな、文校のチューターです。
議題にしたのは、今秋期の募集状況とクラス編成、2014年度春期の会計収支、11/22第16回小野十三郎賞贈呈式の内容、「樹林」編集などです。
文校総会(会社でいうなら社員総会に当たる)は、12日(日)入学開講式の1時間半前から、文校図書室で開きます。文学協会理事以外に、チューター21名の方には、案内状を発送してあります。また学生委員会にも、学生代表5名を出してくれるように依頼しました。

(小原)

コメント

トラックバック