「文校ニュース」4月号の作成・発送。2012/04/01 02:06

「文校ニュース」4月号
事務局は、OBと在校生の二人の手伝いを得て、年に数回ある半徹夜の、「文校ニュース」の版下作成・印刷・丁合・袋詰めという一連の作業の日。昨日の昼1時過ぎから取り掛かっている。
切り貼りしながら手作りした20ページ立ての今「文校ニュース」4月号は、1面に8日(日)の“入学開講式”のプログラムを、最終面に今後2カ月間のカリキュラムや公開講座、学生委員会などの日程を載せてあります。そのあいだには、12年春期新入生の「想いと決意」、荒川洋治さんが3/27TBSラジオ系列で文校のことを紹介してくれたこと、昼・夜間部提出作品評、3月の通教部スクーリング報告などを載せ盛りだくさんな内容になっています。         
今晩までの今春の新入生、文校チューター、それから去年7月からの未だ入校に至っていない「入学案内書」請求者、および去年9月の髙村薫さん文学講演会に関連して問い合わせのあった方あわせて520名の方にも送ります。その方々には、手紙を添えました。「貴方も、入学を検討していただきたく、『文校ニュース』(ほぼ毎月発行)を送らせていただきました。これは、新入生と在校生向けに編集したものですが、よりよく文学学校のナマの姿・素顔が分かっていただけるのではと、思ったからです」と、書きました。
現在校生約460名の皆さんへの発送は、2日(月)になります。ご了解ください。
今、午前2時6分。ホチッキスで丁合中。さぁ、何時になったら、東郵便局へタクシーで運べるか。
  
●昼間、学生委員会は掲載作者たちとともに『樹林』6月号(在校生作品特集号)の校正作業をおこなっていました。同号は、5月末の仕上がり予定。

(小原)

コメント

トラックバック