どんなことでもお問い合わせください。2013/10/01 16:15

メールで次のようなご質問がありました。
それにはこのように回答しました。

【ご質問】
現在、通信教育部への入学を検討しておりますが、仕事の関係からスクーリングに出席できない日があります。また合宿などにも出席できない可 能性があります。
スクーリング等は、どの程度出席が義務づけられるのでしょうか?

【回答】
たとえ年4回の通教部スクーリングに1度も出席がかなわなくても、作品を毎回(最低でも4回中3回)提出されれば1年後、大阪文学学校の修了証書が授与されます。

スクーリングに出席いただいたほうが、より執筆意欲を刺激されるのは確かですが、出席いただかなくても十分学習できるシステムになっていると自負しております。
沖縄・九州や北海道・東北など遠方の通教部生で、毎回出席というのは無理だと思いますので、担当講師からの添削やアドバイス批評にも力を入れています。

スクーリングは日曜日開催ですが、その前日の土曜日にはプレスクーリングが持たれます。そちらに出席して、スクーリングは欠席ということでもかまいません。

一晩泊まりの夏季合宿(7月中旬開催)についてですが、こちらも参加自由ですので、ご都合に合わせていただければと思います。
夏季合宿は学生委員会が企画しており、短い小説や詩の作品を各自持ち寄って合評するといった学習の場もありますが、どちらかというと、文校生同士や講師との親睦を深める意味合いが大きいです。
多い時で70人ほど、少ない時は50人ほどです。
今年は奈良市、去年は岡山県倉敷、一昨年は滋賀県近江八幡、またその前は兵庫県明石といった具合に大阪を離れ、ユースホステルや寺院など安い宿舎でおこないます。

そのほか、入学開講式、修了集会なども出席は自由です。

(小原)

昨日と今日で、5人の入学者。2013/10/01 21:28

5名の新入生は次の方々です。

○オンライン申し込み……奈良市の30代前半男性。夜間部/詩・エッセイクラスへ。

○事務局来訪申し込み……芦屋市の50代前半女性。体験入学参加。昼間部/小説クラスへ。 入学申込書の“入学のきっかけ”欄には、「人生の後半にさしかかり、自分の手で“人間” や“生きる”という事について書いてみる事が出来ないかと思い、文学学校の門をたたきました」と、あります。

○郵送申し込み……豊中市の60代前半男性。体験入学参加。夜間部/小説クラスへ。入学申込書の“書きたいテーマ”欄には、「個人と組織(権力)の対立。また犯罪心理にも関心がある」と、あります。

○オンライン申し込み……大阪市の40代前半女性。平常クラスゼミ見学。昼間部/小説クラスへ。入学申込書の“入学のきっかけ・書きたいテーマ”欄には、「いつか小説を書きたいと思っていたこと。女性の視点から硬いテーマを柔らかく書きたい」と、あります。

○オンライン申し込み……岡山市の50代後半女性。通教部/小説クラスへ。入学申込書の“入学のきっかけ”欄には、「残りの人生、一番やりたいことに没頭したい」と、あります。

(小原)

大阪文学協会の理事会ひらく。2013/10/02 21:55

大阪文学学校の運営母体である社団法人・大阪文学協会の理事会が、夜6時40分から9時前まで、文校の一室でもたれました。出席は、東京在住の長谷川校長と風邪気味の岡チューターをのぞく理事8名。高畠、奥野、山田、細見、佐久間、葉山、中塚、小原。みんな、文校のチューターです。
議題にしたのは、今秋期の募集状況とクラス編成、2013年度春期の会計収支、11/23第15回小野十三郎賞贈呈式の内容、「樹林」編集、来春の文校創立60周年記念講演会(ゲスト予定;姜尚中さん)などです。
文校総会(会社でいうなら社員総会に当たる)は、6日(日)入学開講式の1時間半前から、文校図書室で開きます。文学協会理事以外に、校長、チューター21名の方には、案内状を発送してあります。また学生委員会にも、学生代表5名を出してくれるように依頼しました。

●きょうの入学者は、一人。
大阪市の60代前半・男性が夜間部・小説クラスへ。

(小原)

10・6(日)大阪文学学校入学開講式プログラム2013/10/03 22:35

2013年秋期の入学開講式が、3日後にせまってきました。
明日(金)、明後日(土)、入学開講式当日(日)の駆け込み入学もOKです。また、文校まで足を運んでいただかなくても、FAXやオンラインで入学を申し込むことができます。


6日(日)入学開講式は次のような式次第でとりおこなわれます。文校教室において午後2時開始です。
長谷川龍生校長は膝など体調がよくなく、東京から来阪できなくなったため、「文校ニュース」9月29日号1面のプログラムから若干変更になりました。


◆開会あいさつ   〈進行役〉山田兼士

◆歓迎あいさつ    大阪文学協会代表理事  高畠寛              
◆全チューター自己紹介ならびに新入生への激励の言葉

◆学生委員会アピール

◆新入生紹介

    〈休憩〉(10分)

◆事務局紹介ならびにお知らせ


以上、終了するのは、3時45分ごろを予定しています。そのあと、ビール、ウーロン茶、寿司、お菓子を飲食しながらの交流会です。このとき、出席の新入生みなに自己紹介がてら入学にあたっての抱負を述べてもらいます。入学式自体よりも、こちらのほうが文学学校らしさをより味わえるかもしれません。
通教部などの遠方の新入生は、無理してお越しいただかなくてもけっこうです。来阪は、12月のスクーリングまでとっておいてください。
今秋の新入生だけでなく、進級・継続生も出席し、書く意気込みをあらたにしよう! 

(小原)

明日(6日)の入学開講式の準備は万端ととのいました。2013/10/05 20:39

大阪文学学校の2013年度秋期の入学開講式は明日。
教室内を掃除し、吊り看板をかけ、“校旗”【写真の右上】を張り出しました。逆L字形のマークは“飛翔”をイメージしていると伝えられています(随分前につくられたもので詳しくはわかりません)。実は、“校旗”だけではなく、“校歌”もあるのですが、あまりにも勇ましい歌なので歌われることはまずありません。

皆さん、入学しようかどうしようか、土壇場まで悩まれているのでしょう。
ここに来て連日、入学者があります。

明日、文字どおりの駆け込み入学もOKです。 むろん、入学式に出席いただかなくとも、オンラインで入学を申し込むこともできます。

今秋の新入生の皆さん! 進級・継続生の皆さん!
明日の入学開講式に出席されて、書く意気込みを新たにしましょう。

(小原)

2013年度秋期の入学開講式。2013/10/06 16:50

大阪文学学校はきょう、秋期の入学開講式を迎えました。
本日時点で昼間部19名、夜間部9名、通教部10名で計38名の方が入学されました【まだ入学は受け付けています】。在校生総数は350名を越えそうです(ほかに休学生約90名)。
午後2時からの式ではまず、出席された各チューターから新入生への励ましのメッセージをいただきました。
そして学生委員会の活動紹介のあと、新入生を代表して昼、夜、通教各部からお一人ずつ、自己紹介や抱負を語っていただきました。【写真、左からセテゥンタさん(通・ライトノベル・真弓クラス/茨城県)、冬木ひいらぎさん(昼・小説・高畠クラス/大阪府)】
交流会では乾杯につづいて、新入生の方全員に、お一人ずつマイクをまわして入学への思い等を話してもらいました。会場は今も和やかに歓談中です。
これからの1年、文校生活を満喫してください。(銅)

秋期の組会(クラスゼミ)はじまりました!2013/10/08 21:15

1カ月余りの秋休みを経て、いよいよ昼間部、夜間部の各クラスが今日から一斉にスタートしました。今秋期も春期同様、昼間部8、夜間部7クラスの編成です。
昼間部の専科小説・夏当クラス【写真】は今期28クラス中一番の大所帯で20名(うち新入生2名)、夜間部の詩エッセイ・高田クラスは7名(うち新入生1名)の構成です。
簡単な自己紹介や各人の作品締切日を決めたあと、さっそく提出作品の合評をおこないました。

●通信教育部(13クラスの編成)の秋期第1回作品提出締切は、こんどの土曜日(12日)です。今日、2名の方ら作品が届きました。まだの方、がんばって書いてください。
12日に遅れると、『樹林』明年1月号(通教部作品集)に自作品が載るチャンスをみすみす逃がすことになりかねません。
でも、13日以降の提出分も2週遅れまで受け付け、担当講師からアドバイス批評(個別評)は受けられます。また、12月スクーリングの前段に持つプレ・スクーリングで、合評に付される機会があります。

●一昨日の入学開講式以降も入学を受け付けています。
今日、和歌山県の方が通教部に入学されました。


(小原)

今日も2名の新入生。昼・夜間部クラス、作品提出日を決める。2013/10/09 20:19

今日の水曜日は、昼1クラス、夜2クラスの組会がありました。
昼は本・専科・小説・高畠寛クラス(17名、そのうち新入生6名)、夜は本科・小説・津木林洋クラス(13名、うち新入生1名)と専科・小説・青木和クラス(14名)。
それぞれのクラスで、各人の作品提出日が決められました。

●通信教育部のいちおうの秋期第1回作品提出締切は、12日(土)です。今日は5名の方の作品が郵便や宅配便で届きました。

●今日もオンラインで、和歌山市の20代後半女性(通教部・小説クラス)と、生駒市の60代ちょっとの男性(夜間部・小説クラス)から入学申込がありました。
申込書の“入学のきっかけ”欄に、和歌山市の方は「子供の頃から小説家になることが夢でしたが、書き方が分からず、しっかりと学びたいと思ったことです。また、母校の三田文学新人賞を受賞した先生が貴校で学ばれていたことを知り、入学を決意しました」と書いてありました。
また、生駒市の方は「何年か後には退職なので、これからの時間を活かしたい」と。


(小原)

夜間部のクラスゼミ(組会)のあとは飲み会2013/10/10 22:17

今日は、昼間部2クラス、夜間部2クラスの組会(クラスゼミ)がありました。
昼間部は、詩/エ・中塚クラス(18名、うち新入生3名)と研究科・小説・岡クラス(14名)。
夜間部は、詩/エ・松本クラス(13名、うち新入生2名)と専研究科・小説・平野クラス(14名)。
【写真】は、組会をおえたあと、文校近くの居酒屋での平野クラスの2次会模様。

(小原)